「マッチ箱マガジン」第3弾-5つの「仙台時間」をイラストエッセーで紹介

公開日: 

1425564125_photo

 仙台の印刷会社「佐々木印刷所」(仙台市宮城野区日の出町2、TEL 022-236-1281)が2月27日、「マッチ箱マガジン」第3弾の販売を始めた。
 仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアム(SC3)の認定プロジェクトとして2012年にスタートした「マッチ箱マガジンプロジェクト」。「デザインの力で地域の魅力をかわいらしく発信し、震災後落ち込んでいる宮城県内の観光地への集客を図ること」を目的に、地元イラストレーターと共同で制作を行った。

 2012年12月に第1弾となる宮城県温泉地編(鳴子・秋保・作並・遠刈田・白石)、2013年12月に第2弾として宮城県沿岸部編(石巻・南三陸町・塩竈・松島・気仙沼)を発表。合わせて約1万5000個を売り上げ、2013年10月には2013年度グッドデザイン大賞、2014年10月に仙台市産業振興事業団主催の「第1回 新東北みやげコンテスト」生活文化部門最優秀賞を受けた。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kaoお土産としていかがでしょうか?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑