気仙沼・本吉にメガソーラー 10月発電開始

公開日: 

01

 再生可能エネルギー開発のリニューアブル・ジャパン(東京)が、気仙沼市本吉町寺谷の民有地に出力1024キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設することになり19日、現地で起工式があった。10月の発電開始を目指す。
 同社によると、発電事業に携わる特別目的会社(SPC)が運営し、約1万3400平方メートルの敷地に太陽光パネルを設置する。年間発電量は一般家庭約330世帯分に当たる約1.1メガワット時を計画し、全量を東北電力に売電する。事業期間は20年以上。事業費は3億5000万円。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kao他に宮城県では栗原も建設予定です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑