<国連防災会議>仙台の水道水2万本「完売」

公開日: 

01

 19日未明に閉幕した第3回国連防災世界会議で、仙台市はペットボトル入り水道水(490ミリリットル)2万本を本体会議で無料配布し、浄水場生まれの「おいしい水」を世界に発信した。連日、フードコートに並べると、たちまち「完売」。参加者から好評だった。
 5日間の期間中、会場の仙台国際センターでは青色のペットボトル「ごくり・きらり せんだい」を手にする各国政府代表らの姿が見られた。会議参加者は約6000人。1人3本以上飲んだ計算になる。
 会議最終日の18日に「ごくり・きらり」でのどを潤していたインドの災害管理コンサルタント、ビノー・チャンドラ・メノンさん(59)は「グッド・クオリティー(上質)」と味に太鼓判を押した。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kaoパン好きはぜひ!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑