仙台三越で催事「元気です!東北」 宮城・東北の魅力ある商品を発信

公開日: 

01

 仙台三越(仙台市青葉区一番町4)全館の各階で4月1日、宮城・東北の魅力ある商品を紹介する催事「元気です!東北」が始まった。

 「日本を元気にしていく」をコンセプトに、日本の伝統文化や技術を発信するプロジェクト「JAPAN SENSES」を2011年から展開している三越伊勢丹ホールディングス。取り組みの一環として仙台三越では、東北・宮城の魅力やものづくりを全国に発信し被災地域に販売機会を提供すること、震災以降の支援への感謝と復興にまい進する元気を全国に発信することを目的に、同催事を昨年10月に初開催した。

 2回目となる今回は、宮城を中心に東北6県の食品・酒・工芸品・衣料・小物・雑貨などを展示・販売。定禅寺通り館地下1階イベントスペースでは、石巻や気仙沼など沿岸部の水産加工品やみそ・しょうゆなどをそろえる。松島蒲鉾(かまぼこ)本舗の「いろどり揚げ」(270円)、石巻・末永海産の「ホタテ潮煮」(801円)、気仙沼・フィッシュマーケット38の「さんま一夜干」(350円)、「まぐろのからすみ」(1,620円)など。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kaoぜひ東北の味覚を味わおう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑