「東北弁に強い」テープ起こし会社、ニッチで重要な業務

公開日: 

 「東北弁・東北なまりのテープ起こし、お任せください」。こんなコピーの広告がツイッターで話題になった。広告主は、仙台市宮城野区の速記・テープ起こし専門業者「東北議事録センター」。方言を巡る世代間ギャップや聞き分けの苦労、震災被災者の聞き語り――。その業務内容を聞くと、ニッチながら根強いニーズが見えてきた。

 広告が載ったのは、日本弁護士連合会(日弁連)が発行する弁護士向け情報誌「自由と正義」。「法曹界において高い信用と実績・地方議会会議録で東北一の実績」「法廷提出用の証拠録音で、東北弁・東北なまりでお困りの際は、ご連絡ください」とうたっている。

 ツイッターでは、「東北弁…分からん」「一口に東北弁と言ってもかなり違うけど大丈夫?」「きっと需要あるんだろうな」といった反応があった。

■東北弁に強み「他に聞かない」
 東北議事録センターは、1973年創業。テープ起こしを専門とした業者は東京など大都市圏に多いが、東北地方で方言への強みを売りにする会社は「他に聞いたことがない」と花角潤一代表(49)は話す。

 弁護士向け雑誌に広告を掲載したのは、集団就職で上京した団塊の世代の親の世代が80~90代になり、遺産相続を巡る法的解決が増えると予想したからだ。

 花角代表によると、同じ地域にいても、高齢者の言葉を子どもは聞き取れても孫が聞き取れない、など世代間のギャップが大きくなっているという。

出典:朝日新聞デジタル

>>>続きを読む

kaoおもしろい事業ですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑