仙台市内登録店で利用できる2割増商品券、7月発売へ 取扱店舗の募集開始

公開日: 

01

 仙台市、仙台商工会議所、みやぎ仙台商工会などで構成される杜(もり)の都プレミアム商品券事業実行委員会は7月11日から、仙台市内の登録店で利用できる2割増商品券の販売を始める。

国の2014年度補正予算による「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用した事業として、地域の消費喚起と地域経済の活性化を目的に発行される同商品券。1,000円券12枚つづりの1セットを1万円で販売し、6枚は中小店舗のみで使える専用券、6枚は大型店でも使用できる共通券となる。発行額は48億円(うちプレミアム分8億円)で、合計40万セットを発行。

 同実行委員会事務局担当者は「この事業をきっかけに市民の方が商店街や地元の店に足を運び、商品券を使い切った後も行きたくなるような自分のお気に入りを見つけてほしい」と一過性ではない活性化を期待している。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kao商店街の活性に繋がればいいですが・・・

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑