「一番搾り 仙台づくり」、キリンが限定販売 ササニシキと東北産ホップ使う

公開日: 

01

 宮城県内で5月19日、キリンビール(東京都中野区)が「一番搾り 仙台づくり」の販売を始めた。

 今年で発売25周年を迎える「キリン一番搾り生ビール」。今回、全国9工場の各醸造長が、その土地の風土や郷土の味覚に合わせた一番搾りを開発し、地域密着型の商品として展開する。

 仙台工場限定醸造となる同商品は、主原料に東北産ホップを使い、副原料に県内産ササニシキ約10%を使う。「ササニシキは宮城県発祥の品種で、宮城を代表するブランド米の一つ。ササニシキの特長や生産者の思いが、『仙台づくり』の商品コンセプトやキリンビールのものづくりの思いと非常に似ていることから、最もふさわしい品種として選定した」と開発・醸造を手掛けたキリンビール仙台工場・醸造長の萱場英樹さん。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kaoビールいいですね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑