ガウディ×井上雄彦コラボ展あす開幕

公開日: 

01

 スペインの建築家アントニ・ガウディ(1852~1926年)と日本の漫画家井上雄彦さん(48)のコラボレーション作品展「ガウディ×井上雄彦 シンクロする創造の源泉」(河北新報社など主催)が3日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで開幕する。
 1日は会場で展示作業があり、スタッフが展示物を並べたり、建築物の模型を慎重に設置したりした。井上さんも足を運び、会場内を見て回った。
 作品展はガウディ自筆のスケッチや図面、大型建築模型、デザインした家具など約100点と、井上さんが描き下ろした絵画約40点を通じ、ガウディの建築と人間像に迫る。
 ガウディはバルセロナを拠点に活動し、未完の大聖堂サグラダ・ファミリアを代表とする独創的な作品を残した。井上さんは、バスケットボールに打ち込む高校生を描いた「スラムダンク」などで知られる。
 会期は7月12日まで。開場時間は午前10時~午後6時(金、土曜日は午後7時まで)。観覧料は一般1300円、大学生、専門学校生1000円、高校生800円、中学生以下は無料。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kao楽しみ!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑