<内陸地震>地すべりの爪痕見学 防災教育に

公開日: 

01

 岩手・宮城内陸地震は14日で発生から丸7年を迎えた。2008年6月14日朝、マグニチュード(M)7.2の地震が発生し、栗駒山麓を激震が襲った。大規模な地滑りや土石流が相次ぎ、23人が犠牲になった。栗原市はこの大規模山地災害を記憶にとどめようと、「栗駒山麓ジオパーク(地形や地質を生かした自然公園)構想」を策定し、日本ジオパーク委員会に認定申請した。市は地滑りによる大規模崩落地を構想の中核的地形と位置付けており、小中学生や自主防災組織の防災教育に活用したい考えだ。

出展:河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150614_13019.html

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑