夢メッセみやぎで「海洋堂フィギュアワールド」 設立50周年記念、2300点展示

公開日: 

01

 夢メッセみやぎ(仙台市宮城野区港3、TEL 022-254-7111)西館ホールで7月31日、企画展「海洋堂フィギュアワールド」が始まった。

 フィギュアの造形企画・製作・販売を行う海洋堂(大阪府門真市)の設立50周年を記念して開かれる同展。同社の歴史や変遷にスポットを当て、同社がこれまで手掛けてきたアニメキャラ・動物・恐竜・妖怪・戦車・人形など約2300点のフィギュアを展示する。

 会場内は6つのエリアで構成する。1964(昭和39)年の創業から現在までを、初期作品群を交えて紹介する「海洋堂50年の軌跡」、1980年~90年代のガレージキットを中心に展示する「ガレージキットの草創期」、動物・戦車・恐竜・妖怪など「おまけフィギュア」シリーズを一堂に展示する「おまけフィギュアミュージアム」、古典の名作アニメから最新アニメまで多様な作品を展示する「精緻なるヴィネット・フィギュアの世界」、全国の水族館・動物園・美術館限定販売のミュージアムフィギュアを展示する「ミュージアムフィギュアの世界」、可動フィギュアの魅力をジオラマで表現する「海洋堂流・アクションフィギュアへの挑戦」、同社を代表する5人の造形作家を作品や映像などで紹介する「海洋堂造形作家列伝」。

出典:仙台経済新聞
http://sendai.keizai.biz/headline/1928/

みんなの声

楽しそうですね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑