仙台・国分町で「酒とライブ」 ジャズフェスに合わせ32店でライブ100本

公開日: 

01

 仙台の歓楽街・国分町で9月12日、酒と音楽のイベント「酒とライブ」が開かれる。

 同エリアの飲食店経営者・従業員・ビルオーナーなどで構成する国分町街づくりプロジェクトが主催する同イベント。「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」(以下、JSF)のタイアップ企画として2012年に初開催され、今年で4回目を迎える。「新しいお気に入りの店との出合いや、お客さま同士に新しい出会いが生まれれば」と同イベント実行委員長の前田尚養さん。

 国分町エリアの飲食店3店を回遊し、JSF出演バンドによるライブを聴きながら各店自慢の1ドリンク1フードを楽しむ。ライブの開演時間は各店とも19時・20時20分・21時40分の3回で、参加者はライブの合間に店を「はしご」する。

出典:仙台経済新聞
http://sendai.keizai.biz/headline/1947/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑