「嵐」に備え 高速バスやJR増便

公開日: 

 人気グループ「嵐」が秋の大型連休(19~23日)中の4日間、宮城県利府町の宮城スタジアムで大規模コンサートを開催するのに合わせ、東京から仙台に乗り入れる高速バス会社やJR東日本が、増便などの対応を迫られている。女性専用バスや席数を増やした車両も導入し、延べ20万人とされる異例の動員に備える。
 東京-仙台線を運行する東北急行バス(東京)は期間中、1日上下計10本を定期運行するほか、連休前日の18日から6日間で計62本を臨時で走らせる。
 同社は例年、9月の連休は需要に合わせて他の都市にも臨時便を運行しているが、今回は東京-仙台線だけを増発した。嵐ファンを中心に、席はほぼ100%埋まっているという。
 同社の担当者は「運転手もバスもフル回転状態。もっと増やしてほしいという要望はあるが、これ以上の増便は無理」と説明する。
 JRバス東北(仙台市)は連休中、東京-仙台線を1日上下計18本定期運行し、18日からの6日間で計24本を増発する。嵐のファン層を考慮し、増発するバスは全て女性専用とした。
 東京-仙台線は通常、28人乗りのバスを使っているが、今回は運行するバスが足りなくなるため、40人乗りの観光旅行用バスも導入して埋め合わせる。
 JR東日本はコンサート開催の19、20、22、23日の4日間、東北線仙台-利府間で普通臨時列車を上下計26本運行。車両を増結した定期列車も上下計9本を走らせる。午後9時43分仙台発東京行きの東北新幹線も各日1本運行する。

出典:河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150909_13015.html

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑