「仙台クラフトビールフェス」初開催へ 宮城・東北の10醸造所一堂に

公開日:  最終更新日:2015/10/06

キャプチャ

 仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で10月12日、「仙台クラフトビールフェスティバル」が初開催される。

 クラフトビールや輸入ビールの人気拡大に伴い、仙台でも「オクトーバーフェスト」「ベルギービールウィークエンド」などのイベントが継続開催され市民に根付いてきた。一方で、岩手・一関の「全国地ビールフェスティバル」、秋田の「東北地ビールフェスティバル」のような東北や国内のクラフトビールに特化した野外イベントは行われてこなかった。

 そうした状況を踏まえ、数年前から同イベントを構想していたという実行委員でビアバー「アンバーロンド」(青葉区国分町2)店主の田村琢磨さん。今年8月に発行した「仙台ビールマップ」第2弾の制作を通して醸造所や店舗の協力を取り付け初開催にこぎ着けた。「個性豊かなビールが宮城・東北にもいろいろとあることを伝えたい」と意気込む。

出典:仙台経済新聞
http://sendai.keizai.biz/headline/1969/

楽しみ!!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑