仙台の雑貨店で「なんでパンダ?店」 作家17組によるパンダだらけの数日間

公開日: 

キャプチャ1

 仙台市青葉区の「book*zacca coco-chi(ココチ)」(仙台市青葉区一番町1、TEL 022-707-1688)で10月6日、パンダをテーマにした展示販売イベント「なんでパンダ?店」が始まった。

 「まいにちを たのしく ここちよく」をコンセプトに、昭和レトロ雑貨、紙もの雑貨、猫雑貨、手作り雑貨などを販売する同店。店舗面積は約12坪。不定期でイベントも行い、パンダをモチーフにした作品を展示販売する同イベントは2013年の初開催から今回で3回目を迎えた。

 在仙の手作り作家・イラストレーターを中心に計17組が出品する。参加作家は、岡部工房、革細工まつした、木村良さん、キヨさん、薫陶土、櫻胃園子さん、佐々木洋子さん、スー助さん、中川和寿さん、花渕一明さん、FUKUROYA.M.、ほんだあいさん、もわもわ*びより、Riu+、LOW-TECHKING、つばめどう(6日入荷)、hauskaa(9日入荷)。

 商品は、羊毛、絵画、コースター、ハンカチ、手拭い、バッグ、スタイ、ブックカバー、はんこ、ポストカード、マグネット、クッキーなどさまざまで、価格は100円台~。同店オーナーの千田一美さんは「今年はパンとパンダを組み合わせた作品が多い印象」という。

出典:仙台経済新聞
http://sendai.keizai.biz/headline/1972/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑