仙台の出版社が「ランチパスポート」第8弾 初のアプリ版も

公開日: 

01

  仙台の出版社プレスアート(仙台市若林区土樋)は1月20日、「ランチパスポート」第8弾を発売する。

 掲載店舗に持参し提示することで、通常700円~1,296円で提供されているメニューがワンコイン(500円)で食べられるのが特徴の同書。2011年に高知県のタウン情報誌が企画して全国に広げ、仙台では2013年10月に第1弾を発売。学生や主婦、会社員や年配夫婦など幅広い層に利用され、過去7冊は全て完売となった。

 今回の掲載店は85店(ランチ=73店、スイーツ=12店)で、うち15店が初掲載。仙台駅周辺、一番町、本町~上杉、定禅寺通~木町通の市内中心部エリアのほか、郊外エリアとして堤町、南吉成などの青葉区、太白区、若林区、宮城野区、泉区、多賀城、名取、岩沼をカバーする。

出典:仙台経済新聞
http://sendai.keizai.biz/headline/1972/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑