仙台「銀座ライオン」一番町店でビアガーデン 市街地の屋上でジンギスカン

公開日:  最終更新日:2016/05/27

 ビアレストラン「銀座ライオン」一番町店(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-261-7770)屋上に5月16日、毎年恒例のビアガーデンがオープンした。

 サッポロライオン(本社=東京都中央区)が1972(昭和47)年から40年以上にわたり毎年開いている同ビアガーデン。市街地の屋上でジンギスカンが楽しめるのが特徴で、平日は近隣で働く会社員の懇親会や友人グループの集まり、休日は家族連れなど幅広い層に利用されている。席数は250席を用意。昨年は約4カ月で1万人強が来場した。

 同店お薦めのメニューは、ラム肉・野菜・ライスの食べ放題と飲み放題のセット「手もみジンギスカンコース(100分)」(大人4,000円、未成年3,200円、小学生1,500円、小学生未満無料)、ラム肉・牛・豚・野菜・ライスの食べ放題と飲み放題が付いた「ミックスジンギスカン食べ飲み放題(100分)」(同4,500円、同3,700円、同1,800円、同無料)。

 飲み放題のドリンクは、「サッポロ生ビール黒ラベル」「ヱビスビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)」の4種類のたる生ビールと、日本酒、焼酎、カクテル、ワイン、ノンアルコールカクテルなどを用意する。

出典:仙台経済新聞
http://sendai.keizai.biz/headline/2113/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑