多目的ドームで魅力アップ・コボスタ宮城

公開日: 

プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団は来季に向け、楽天Koboスタジアム宮城(コボスタ宮城、仙台市宮城野区)の改修計画を進めている。ファン向けのイベント会場となる「多目的ドーム」を球場敷地内に新設することが大きな目玉。ボールパーク構想の一環で、球場の魅力を一層高める。

多目的ドームは遮光性のある直径21メートルのテントで、三塁側内野の新設スタンド入り口前に建てる計画。立ち見で400人の収容を見込む。ビジターの試合のパブリックビューイング(PV)や、選手とファンの交流イベントなど、さまざまな利用策を検討している。

20141207028jc

>>>続きを読む

kaoどんな施設になるのかな?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑