【センバツ】松島、この冬はアルバイトより「練習だ」21世紀枠候補に選出

公開日: 

キャプチャ

来春のセンバツ高校野球(来年3月21日から12日間、甲子園)の21世紀枠候補校が12日に発表され、東北地区から松島(宮城)が選出された。センバツへあと一歩まで迫り、小原一志監督(43)はこれを機に選手たちのさらなる頑張りに期待。寒さにも負けず冬場の練習を乗り越え、来年1月23日の選考委員会で吉報を待つ。

甲子園が近づいたことより、選手たちが成長できることがうれしかった。小原監督は「選手たちにとって一番のモチベーションになる。より頑張ってくれればいい」。部員不足で秋季地区大会を辞退した2年前と比べれば、おごりや緩みが生まれてもおかしくない状況だが、これを力に変える。

>>>続きを読む

kaoこれは期待!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑