妖怪ウォッチやアナ雪登場 光のアート展・名取

公開日: 

20141216027jc
中心市街地の活性化などを目指して発光ダイオード(LED)の電光板を飾る「光のストリートアート展」が名取市で開催されており、道行く人の目を楽しませている。来年1月初旬まで。

まちづくりグループ「リバイブ名取21」の主催で、ことしで15回目。尚絅学院大(名取市)の学生や増田北町子供会などが、LEDを点滅させる「ピカボード」を製作した。旧増田公民館前とJR名取駅自由通路、仙台空港イベント広場の3カ所に計22枚設置した。

ことしは新たなデザインとして「妖怪ウォッチ」や「アナと雪の女王」のキャラクターなどが登場した。

>>>続きを読む

kaoありの~ままの~♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑