野球イラン代表監督に仙台出身の色川さん

公開日: 

001

野球の米独立リーグでプレー経験がある仙台市出身の色川冬馬さん(25)が、イランの代表監督に就任した。同国でユース世代の指導に取り組んだ実績が認められた。2月の国際大会が初采配の舞台となる予定で「野球が普及するきっかけをつくりたい」と意気込む。

色川さんは聖和学園高から仙台大に進み、在学中に米国に渡り大リーガーを目指した。2013年夏にメキシコのリーグで現役生活を終えた。
オフシーズンに県内の小中学生、高校生を対象に野球教室を開いていた経験があり、引退後は指導者を志した。知人のつてで13年秋からイラン各地で子どもたちに野球を教えたり、指導者を育成したりするインストラクターとなり、ユース世代の代表監督も務めた。活動が同国野球連盟に評価され、昨年11月にフル代表の監督に決まった。
イランの野球の実力は発展途上で、アジアでトップクラスの日本に遠く及ばないが、「いずれは強くなり、五輪種目として復活する可能性がある20年の東京大会出場を目指したい」と夢を描く。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kaoがんばってほしいですね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑