登米ジュニアラグビーチーム/佐沼プラタナスJr、2月ラグビー聖地に立つ

公開日: 

001
登米市を拠点に活動するスポーツ少年団のラグビーチーム「佐沼プラタナスJr」の選手が2月1日、秩父宮ラグビー場(東京)で行われるミニラグビーの選抜大会に、東北代表として出場する。「聖地」に立つ喜びを胸に、子どもたちは練習に励んでいる。

大会は、日本ラグビーフットボール協会(東京)が主催する。ジャパンラグビートップリーグのプレーオフに先立ち、交流試合を行う。
「FORALLミニ・ラグビーフレンドマッチ」と題し、東北と関東、関西、九州から4チームが参加する。小学5、6年の9人制で抽選を基に、前後半各8分の2試合を各チームが戦う。

同協会によると、関東ラグビーフットボール協会が昨年10月、青森県で開いた東北大会で、選手たちの技術や態度などが高く評価され、佐沼プラタナスJrが代表に選ばれたという。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kaoがんばれ!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑