仙台市危機管理室、ツイッター運用開始-気象・災害情報など発信

公開日: 

1421355082_photo

仙台市が1月16日、気象情報や防災・災害情報などを発信する「仙台市危機管理室ツイッター」の運用を始めた。

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアの利用者が増加していることを踏まえ、「災害時における市民への情報伝達手段の多様化を図ること」を目的に開設に踏み切った。

市危機管理室防災都市推進課防災企画係の担当者は「ツイッターを活用することにより、フォロワーがほかのツイッター利用者に情報を伝える拡散効果を期待している。特に、若年層に対する情報伝達手段として有効と考えている」と話す。昨年10月に台風19号が接近し避難準備情報を出した際、市のホームページにアクセスが集中し、つながりにくい状態となったことを踏まえ、「そのようなトラブル防止にも役立つと考えている」とも。

主な発信項目は、気象警報・特別警報、津波注意報・津波警報・大津波警報、竜巻注意情報、指定河川洪水予報、避難情報、国民保護情報、震度情報、台風や大雪などの注意喚起情報、防災訓練などのイベント情報。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kao今更感があるような気もしますが・・・

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑