羽生結弦選手のフレーム切手、東北4県で発売へ-大会での名シーンなど

公開日: 

1421841625_photo

東北4県の郵便局で1月23日、羽生結弦選手のオリジナルフレーム切手が発売される。販売元は日本郵便東北支社(仙台市青葉区一番町1)。

 2014年12月に開催された全日本選手権で大会3連覇を果たした仙台出身のフィギュアスケーター・羽生結弦選手。同商品は「復興に取り組む東北を羽生結弦選手とともに盛り上げていくこと」を目的に作成され、昨年販売した「羽生結弦メモリアルフレーム切手セット」に続く第2弾。2008年~2014年に行われた大会での名シーンや、昨年4月に仙台で開催された凱旋(がいせん)パレードの様子を収めた。

 デザインは以下の通り。「2008-2009SP『ボレロ』」「2010年世界ジュニア金メダル」「2011年四大陸選手権銀メダル」「2010-2011SP『ホワイト・レジェンド』」「2011-2012FS『映画 ロミオ+ジュリエット より』」「2012年世界選手権銅メダル」「2012年全日本選手権金メダル」「2012-2013SP『パリの散歩道』」「2013-2014SP『パリの散歩道』」「仙台凱旋パレード(2014年4月26日)」。台紙の表紙・切手シート上部には、「2010-2011SP・ソチ五輪エキシビション『ホワイト・レジェンド』」を使用する。

 宮城県内285局、青森県内113局、岩手県内229局、福島県内87局と、郵便局のネットショップで販売する。窓口での販売部数は4000セット限定となるが、ネットショップでは希望者全員に予約販売を行う。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kao即完売が予想されますね・・・。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑