【センバツ】仙台育英・佐藤世「日本一だけ考える」

公開日: 

 第87回センバツ高校野球大会(3月21日から12日間、甲子園)の選考委員会が23日、大阪市内で開かれ、仙台育英(宮城)が2年ぶり11度目の出場を決めた。投げては佐藤世那投手(2年)、打線は平沢大河内野手(2年)を中心に、東北勢初の優勝を狙う。また、東北地区からは初出場の大曲工(秋田)、2年連続8度目となる八戸学院光星(青森)が選出された。

 午後3時過ぎ、グラウンドで待つ仙台育英ナインに、鈴木信男副校長から吉報が届いた。「よっしゃー!」。選手たちから次々と歓喜の雄たけびが上がり、佐々木順一朗監督(55)は「うれしいよりホッとした。今日を一区切りとして、気を引き締めてくれると思う」と昨秋の明治神宮大会に優勝したことは過去のこととし、新しいスタートを切った。

 絶対的エース右腕・佐藤世は「正式にセンバツが決まってうれしいが、一喜一憂せずしっかり準備をしたい。相手の想定を超えるようなプレーをして、日本一になることだけ考えたい」と気合を入れた。明治神宮大会では、3戦25回を1人で投げ切り2失点。「自分でいけるところまでいきたい。1人で投げ抜きたいという気持ちはあります」。甲子園でも“鉄腕”を見せつける気持ちは変わらない。

出典:スポーツ報知

>>>続きを読む

kaoがんばれ!!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑