【楽天】松井裕、落ちる“マー球”直伝スプリット

公開日: 

 プロ2年目を迎えた楽天の松井裕樹投手(19)が27日、スプリットを初公開した。コボスタの室内練習場でブルペン入りし、ヤンキースの田中将大投手(26)から直伝された新球を4球試投。「完成度はまだまだだけど、2球は完璧だった」と手応えを口にした。

 20球目。「フォークいきます」。宣言とともに力強く左腕を振ると、球はベース手前で鋭く落ちた。「よーっしゃ、落ちてるわ」と塚田ブルペン捕手。「あれだけ落ちたら、試合でも十分使えると思う」と太鼓判を押した。

 そのまま新球を4球続け、この日は計34球を投げ込んだ。報道陣に囲まれた松井裕は「(フォークと言いましたが)『落ちる球』です。スプリット(と呼ん)でも大丈夫です」とコメント。マー君の宝刀をイメージしていることを明かした。

 このオフ、田中とは約2週間にわたり沖縄で合同自主トレ。直接ボールを受けてもらいながら「手首を立てず、しっかり押し出すように投げる」など、スプリットの手ほどきを受けた。

 プロ1年目のシーズンは4勝8敗。直球とスライダーとチェンジアップを軸に、パ・リーグ5位タイの126三振を奪った。しかし、チェンジアップについては右打者には有効だったが「左打者に対しては手応えを感じなかった」という。そこで「左には内角への強い球と落ちる球で攻めたいと思った」と、スプリット習得を決意した。

出典:スポーツ報知

>>>続きを読む

kaoエースとしてがんばれ!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑