<J1仙台>新戦力との融合図る

公開日: 

001

 J1仙台は鹿児島キャンプ第3日の28日、鹿児島県さつま町で午前と午後の2部練習を計約3時間実施した。
 午前は主にサーキットトレーニングで体力強化に取り組んだ。午後は12人対12人の変則ミニゲームを10分間行った。新加入の渡部博文が鎌田次郎とセンターバックを組むなど新戦力との融合を図った。
 キャンプで初めてのミニゲームについて、渡辺晋監督は「ボール保持者にいち早くプレッシャーを掛ける共通理解があった。みんなが意識して、連動した動きができていた」と手応えを語った。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kao今季に期待!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑