15日まで宮城教育大「卒展」 宮城県美術館

公開日: 

001

 宮城教育大で美術を専攻する学生の卒業・修了制作展(卒展)が、仙台市青葉区の県美術館県民ギャラリーで開かれている。15日まで。
 今回で47回目。美術コースと美術教育専攻、大学院美術教育専修の学生・院生計18人が絵画や彫刻、版画、陶芸、アニメーションなど約50点を出展した。
 大学院修士課程2年の藤巻ゆみさん(24)=太白区=はテラコッタ4点を出品した。縄文土器の文様を参考に、生命観あふれる胸像を現代的表現で作り上げた。美術コース4年の若生菜見さん(22)=泉区=は5枚組のミクストメディアを展示。収穫前の野菜と今回の卒業生の顔を重ね合わせ、繊細な筆致で未来への不安と期待を表現した。

出典:河北新報

>>>続きを読む

kao2月15日まで展示とのこと。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑