東北歴史博物館で「みちのくの観音さま」展-豊かな精神文化の再発見を

公開日: 

01

 東北歴史博物館(多賀城市、TEL 022-368-0106)特別展示室で現在、東日本大震災復興祈念特別展「みちのくの観音さま -人に寄り添う みほとけ-」が開かれている。

 同展では東北各地に残る観音像、観音への奉納品、観音ゆかりの多彩な文化財を幅広く集めて展示し、東北地方の観音信仰の全容に迫る。「さまざまな苦しみに悩む人々を救済するため現れるとされる観音菩薩(ぼさつ)は、人に寄り添う最も身近な神仏として、東北地方でも古くから信仰を集めてきた」と同展担当者。「展示を通して、東北の地に伝えられた貴重な文化財や豊かな精神文化を再発見する場となり、震災で被災した方々にひとときの安らぎを与え、復興への思いを新たにする機会になれば」と話す。

出典:仙台経済新聞

>>>続きを読む

kao開館時間は9時30分~17時(発券は16時30分まで)。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑