仙台育英、2月合宿見送り 慣れた学校で「実戦の勘」

公開日: 

 昨秋の明治神宮大会優勝校で、センバツ高校野球(3月21日から12日間、甲子園)に出場する仙台育英(宮城)が、地に足をつけて日本一を目指す。センバツ出場時は例年、2月に合宿をしていたが今年は見送り。全面人工芝のグラウンドで練習を続ける。チームは16日、宮城・多賀城市内の同校グラウンドで練習を行った。

 慣れ親しんだ場所で技術を高める。センバツ前の合宿は練習試合解禁日の3月8日に合わせた、3月6―10日の沖縄合宿のみ。佐々木順一朗監督(55)は「慣れた所でやった方が練習量も増える」と話した。

出典:スポーツ報知

>>>続きを読む

kaoがんばれ!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑